地域包括ケアを目指して

地域包括ケアを目指して くまもと南部広域病院

毎月第3土曜日 午前11時45分OA

リポーター : 常盤よしこ

第6回「地域を支える病院へ」

豊かな自然に囲まれた、熊本市南区城南町。「医療法人杏和会 城南病院」が、平成31年3月1日、「医療法人ヘルスケアグループ くまもと南部広域病院」として新たな1歩を踏み出しました。これまで以上にくまもと南部エリアの医療拠点として、地域の皆さまの暮らしに寄り添い、専門性を生かした医療・介護を提供しながら、「地域包括ケア」を実現する同院のさまざまな取り組みをご紹介します。

常盤よしこ2025年には、4人に1人が75歳以上になるといわれています。そこで今、高齢になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、住まい・医療・介護が一体的に提供されるシステム「地域包括ケア」が注目されています。
その「地域包括ケア」に取り組んでいるのが「くまもと南部広域病院」です。今日は地域包括ケアについて、内野誠院長にお話を伺います。内野院長、今日は宜しくお願いします。

内野院長:宜しくお願いします。

常盤よしこ「くまもと南部広域病院」では、「地域包括ケア」にどのように取り組んでいらっしゃいますか?

内野院長:当院では、疾病予防のために健診センターをおき、人間ドックや脳ドックなどを行なっています。また、地域の方が急変されたときは、初期の救急医療、急性期の治療を終えられた方の回復期リハビリテーション、退院されたあとも専門性の高い外来診療などを行なっています。 それから必要に応じて、訪問介護、リハビリテーション、脳卒中・認知症・神経難病の診断・治療、自宅からデイケアに通われる方の送迎サービス、自宅での生活が難しいかたにはサービス付き高齢者向け住宅や老人ホームを運営しています。これらを通じて地域での生活支援を続け、「地域包括ケア」の実現に取り組んでいます。

常盤よしこなるほど。「在宅ケア」とはどのようなケアを行いますか?

内野院長:「在宅ケア」は「なおす医療」だけではなく、病を抱えながら生活をしている人の家庭での生活を、医療をとおして支援する「支える医療」です。たとえば、訪問看護、介護ケア・リハビリを行ったり、送迎を利用した通所による医療介護のデイケアサービスなどを提供したりして、ご自宅での生活をサポートしています。

常盤よしこ今後「くまもと南部広域病院」が目指す医療についておしえてください。

内野院長:当院は、この地域の「地域包括ケア」を担える医療機関として、専門性も生かしながら、安心、安全、いまできるベストの医療を提供することをモットーにしています。地域の皆さんに役立ち、選ばれる病院を目指して進化していきたいと思います。そのために、それを担う人材確保と人材育成に力を入れて取り組んでいきたいと思います。

常盤よしこ今日はありがとうございました。

くまもと南部広域病院

熊本市南区城南町舞原無番地  TEL:0964-28-2555


内野誠院長とリポーターの常盤よしこさん


多職種が連携して「地域包括ケア」のシステムに取り組む


人材育成、人材確保に力を入れている


専門性を生かしながら安心・安全でベストな医療を提供


病院に隣接するサービス付高齢者向け住宅「きらり舞原


病を抱えながら生きる人の生活を支援する「支える医療」がモットー


「地域の皆さんに役立ち、選ばれる病院を目指していきます」

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!