見る知る学ぶLPガス

見る知る学ぶLPガス

毎月第1土曜日
午前
1145分放送
MC担当 : おがっち

第9回「LPガスを利用するには?」

一般社団法人「熊本県LPガス協会」は、熊本県内の560社のLPガス販売店及びLPガス卸売事業者等で構成されている団体です。LPガスの販売を通じ、LPガス事故防止のための保安の確保、取引の適正化に努め、お客様がいつでも安心してLPガスを利用できるような事業を行っています。この番組では、私たちの暮らしに役立つLPガスについてわかりやすく紹介していきます。ナビゲーターは「おがっち」こと緒方由美さんです。

LPガスを利用するには?

おがっち皆さん、こんにちは! 今回は、LPガスを実際に利用する際の手続きなどについてお聞きします。 米田さん。例えば、家を建てる時に「LPガスにしたいな」と思ったら、 まずはどうしたらいいんでしょうか?

米田さん(熊本県LPガス協会青年委員):こんにちは!新規でお申し込みいただく場合は、まずは地域のガス販売店にお電話ください。 相談を受けたガス販売店は、図面上でガスの配管やガスボンベの設置場所を確認します。
設置場所は、直射日光が当たらない風通しの良い場所を選びます。 さらに、火気を使用する設備から、必ず2メートル以上距離をとる必要があります。 我々ガス販売店は、それらを全て確認した上で、お客様に工事のお見積書をお渡しします。
ガス料金は、固定の「基本料金」に加えて、 毎月のご使用量に変動する「従量料金」の合計になります。 ガス料金は、各販売店の自由価格設定のため、各店舗にお問い合わせください。

おがっちなるほど。そして見積もりに納得したら、正式に契約をするんですね。

米田さん:そうなんです!お申し込み完了後はガス工事の日程を調整し、工事が完了したら検査を行います。LPガスのボンベは鎖でしっかり固定し、腐食や転落、転倒を防止します。一般的にボンベは2本。1本が空になったら、もう1本の容器から自動的に供給される仕組みです。

おがっちへ~|!そんな風になっているんですね。
検査がすんだら、いよいよLPガスのご利用スタートです。 ご利用中の定期的な点検・管理はすべてLPガスの販売店が行います。

米田さん:LPガスの毎月のご使用量は、「検診票」でお知らせします。通常は月に1回、検針員が決まった日にご契約者様のお宅を訪問し、ガスメーターで使用量や安全をチェックしているんですよ。

おがっちなるほど! 今日はLPガスのことが色々わかりました♪ また、色々教えてくださいね!


熊本県LPガス協会青年委員の米田俊介さんとナビゲーターのおがっち


新規のお申し込みの場合、まず地域のLPガス販売店にお電話を!


LPガスのボンベは鎖でしっかり固定。腐食や転落、転倒を防止。月に1回検針員が家を訪れ、使用量や安全をチェック!


毎月のご使用量は、「検診票」でお知らせ


「コレ、毎月うちにも届いています!」とおがっち

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!