熊本のニュース一覧

被害総額2億4000万円超か 業務上横領で弁護士を逮捕【熊本】

遺産整理の代理人の立場を利用し預り金2300万円余りを私的流用したとして、弁護士の男が業務上横領の疑いで逮捕されました。
被害総額は2億4000万円を超えるとみられていて、警察は余罪があるとみて調べを進めています。
業務上横領の疑いで逮捕されたのは、住所不定本籍熊本市の弁護士、平田秀規容疑者(49)です。
警察によりますと平田容疑者は、去年11月八代市の夫婦(60代)から依頼された遺産整理の代理人の立場を利用し、管理していた相続財産約2370万円を横領した疑いです。
被害者夫婦は、去年10月に亡くなった家族からの相続財産約5000万円の整理を平田容疑者に依頼。
今年の2月に連絡がつかなくなり、警察に相談したことで事件が発覚しました。
27日、警察が福岡市内のホテルにいた平田容疑者を発見し逮捕、調べに対し平田容疑者は容疑を認め「競馬や私事に使った」と供述しているということです。
県弁護士会によりますと、平田弁護士の私的流用による被害は、これまでに11件2億4000万円を超えるとみられています。
警察は夫婦から受け取った残りの預り金についても横領したとみて調べを進めるほか、余罪があるとみて捜査を進める方針です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!