熊本のニュース一覧

球磨村で電動スクールバスの本格的な実証試験が始まる

おととしの豪雨で被災した球磨村で、電動スクールバスの本格的な実証試験が始まりました。バスに乗った住民からは揺れが少ないと好評だったようです。

電動スクールバスの実証試験は熊本大学が県や脱炭素を掲げる球磨村と共同で進める全国で初めての取り組みです。

3日はおよそ80人が出席し、式典が行われ、テープカットで運行を開始。

関係者や住民などがバスに試乗して乗り心地などを確認しました。

【試乗者】
「モノレールに乗っているような感じでした。排気ガスの匂いもしないし、CO2削減にもってこいだと思います」

電動スクールバスは神瀬地区から一勝地地区までの片道およそ12キロを1日3回、運行します。(片道運行で朝1便・夕2便)

そして、使用電力量や充電機能などのデータを収集し、ゼロカーボン化や非常電源としての実用化ができるかを検証。

また、急勾配が多い中山間地での運行の可能性も探ります。
この実証試験、2024年3月まで行う予定です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!