くまもとキラッと企業 輝くホープは君だ!第4弾
くまもとキラッと企業 輝くホープは君だ!第4弾
SHARE

熊本県内の輝く企業を紹介する「くまもとキラッと企業」の第4弾!今回は、建築系産業廃棄物のリサイクルを行っている大東商事、熊本県内の不動産業をリードするミリーヴグループ、太陽光発電の設置と住宅建築を行う鈴木グループの3社の秘密にせまる。高橋久美子、安井まさじ、常盤よしこの3人が各社の若手のホープの仕事に密着してリポート!そこで見た各社の魅力とは?就職活動中の学生が知りたい情報を、まとめてご紹介します!

出演:高橋久美子 安井まさじ 常盤よしこ


大東商事株式会社

大東商事株式会社 daitou

大東商事株式会社

熊本市北区楠野町453-1

☆大東商事株式会社の輝くホープ☆
大東商事株式会社の輝くホープは営業部主任の畠山太輔さん。 入社3年目の29歳。廃棄物の適性処理や安全面、コスト面を十分に考慮し、お客様に最大限のサービス内容を提案する営業を行っています。
大東商事株式会社は廃棄物は資源の源という考えのもと約30年に渡り廃棄物や解体などを行っている企業。リサイクルエネルギー創造企業をテーマに解体・回収から、選別、リサイクル原料・製品の製造までを一貫して請け負い次世代に繋げる取り組みを行っています。
【畠山太輔さんのコメント】
「産業廃棄物ってどんなイメージがありますか? 人によって考え方は様々…。廃棄するのではなく適正な処理をすることで資源として生まれ変わるんです。受け入れた廃棄物を100%資源として活用するために様々な人が関わっています。それは次世代に繋げる大事なことなんですよ。」
大東商事株式会社では廃棄物の処理段階から資源への活用を見極め、一貫したシステムにより新たな資源を生み出しているのです。
弊社には資源を生み出す自慢の設備があります。熊本新港にあるリサイクルセンターです。建築系の廃棄物をはじめ、建設現場や工場などから排出される産業廃棄物。さらに一般家庭や公共施設から持ち込まれるものなどさまざま。それらを丁寧に処理し100%リサイクルを可能にする設備を整えています。
大東商事株式会社大東商事株式会社大東商事株式会社
【新港リサイクルセンター所長の佐藤さんのコメント】
「こちらに持ち込まれた廃棄物は、すべて選別棟で種類毎にわけられ重機によって粗選別されます。重機によってそ選別されたものは各選別工程へ行き、経験を積んだ技術者の手によって選別され、徹底的に不純物を取り除いた資源に生まれ変わります。粗選別でわけられた廃棄物をこちらでは、さらに人の手によって 細かくわけていく作業をしています。現在は交代制ですが4人でやっています。最新鋭の設備はあっても最終的には人の手によって丁寧に選別。種類ごとに瞬時に判断して分けるていかなといけない職人技が必要とされる現場なんです。
産業廃棄物は次から次へとこちらへ運ばれて来て、今の所なくなることはないです。 やってもやっても終わらない(なくならない)仕事なので、こちらで働いている職員の精神状態をケアすることが大事だと考えております。職員の顔色などをみたり、声をかけたり、たまには一緒に食事に行ったりしています。」

ミリーヴグループ Milive Group

ミリーヴグループ

熊本市中央区辛島町4-35 ラ・シック辛島

☆ミリーヴグループの輝くホープ☆
森野優さん。入社8年目の30歳です。明和不動産管理でお預かりしている賃貸物件の管理業務に関するオーナー様対応などをしています。
ミリーヴグループ
ミリーヴグループは、今年で36年を迎える会社です。現在、賃貸事業・不動産管理・資産活用コンサルタント、マンション開発と事業の領域を広げ、不動産ビジネスの構造改革に取り組んでいます。
【森野優さんのコメント】
「社内の雰囲気が和気藹々としていて先輩後輩仲いいのが自慢です。仕事でも先輩に頼ったり、後輩が意見を言いやすい環境だと思います。 ミリーヴグループには私が所属している明和不動産管理を含め7社のグループ会社があります。その中にたくさんの部署があり会社間、部署間の連携が業務上、非常に重要になります。社員が仲がいい事でコミュニケーションがとりやすかったり、協力して業務を進めやすかったりと仕事にもいい影響があります。
私がやっている仕事は、オーナー様からお預かりしている物件の管理です。熊本・福岡・鹿児島でお預かりしている賃貸物件が約21,000戸あってそのオーナー様のご要望やご依頼を伺う窓口を担当しております。
地場のTOP企業の魅力は、名前を知ってもらってるが故に先ほども申し上げたように多くのオーナー様やお客様と接する機会が多く、たくさんの経験をさせて頂けることです。
仕事の魅力は、新規事業にチャレンジできるところです。弊社はどこよりも早く新しい事業に取り組むことが多いですし、若手でも事業立ち上げの一端を担う事が出来ます!現在私はデザインリフォームの事業の立ち上げを担当しております。
まだ誰もやったことがないことに挑戦するのは、大変なことも多いんですけど、作り上げた時やお客様に喜んでもらえた時は、達成感やうれしさの方が大きいので、やりがいを感じます。」
ミリーヴグループミリーヴグループミリーヴグループ
ミリーヴグループの強みは、斬新な発想、行動力、知恵。それらを発揮するために重要なのがチームワークのよさなんです。バイタリティーあふれる社員が一丸となって、新しいビジネススキームを生み出しています。また、チームワークのよさが培われる社内イベントも多く、社員同士のコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。
ミリーヴグループでは、そのほかにも、アパマンショップでの賃貸仲介件数が年間約8,000件と、熊本でもTOPを走る不動産企業なんです。
これまでも、敷金礼金ゼロ・保証人不要の「超ラク」、初期費用が定額の「O円(オーエン)賃貸」、デザインリフォームの「チョイス」、インターネット月額無料で使い放題の「メイワのヒカリ」、動画見放題の「ヒカリミホーダイ」と、入居者様・オーナー様の双方へメリットのある独自の商品を次々と生み出してきたミリーヴグループ。新たなビジネスに常に挑戦する社風だからこそ、若手が成長できる環境があるんです。
弊社は、不動産以外にも保険、広告、通信など、幅広い事業領域があるので、様々な形でステップアップできる環境があります。また、福岡、鹿児島、東京と熊本県外への展開もしています。そういう環境の中で成長したいというチャレンジ精神のある若者と一緒にこれからも入居者様・オーナー様への顧客満足、そして地域貢献を果たせるような新たなビジネスモデルを創出したいと考えています。
鈴木グループ

鈴木グループ Suzuki Group

鈴木グループ

熊本市南区城南町今吉野1295

☆鈴木グループの輝くホープ☆
白石健吾さんと鈴木奨さんです。
鈴木グループには、太陽光発電システムの販売・設計・施工を中心に、お客様のニーズに合ったシステムの提供をする鈴木電設株式会社と独自の“トリプルecoハウス”というスマートハウスを超える新しい住宅を作る鈴木建設株式会社があります。
1人目は、白石健吾さん。入社6年目の30歳です。鈴木電設の営業部で、太陽光発電システム施工・販売を行っています。
【白石健吾さんコメント】
「弊社は、若手の社員が多いのが特徴なんですよね。でも、弊社は、若手の教育に力を入れてくれているので、先輩達も色々と親切に教えてくれるので、そこはいいところだと思います。若手も含め社員全員が東京の経営塾で研修をしています。
会社の魅力は、会社がすごく社員を大切にしてくれるところですね。私の誕生日には、専務から手紙が届いたり、妻の誕生日にプレゼントが届いたり、私だけじゃなくて私の家族まで気にかけてくれて、大切にしてくれるところが、この会社に入ってよかったなと思うところです。」
鈴木グループでは、経営塾に社員全員が参加しています。これは、社員一人ひとりが経営の知識をつけると同時に、経営者目線で仕事に取り組み問題解決できる人材の育成をすることが大切だと会社が考えているからなのです。
顧客満足と同時に社員満足の追求も大切にする鈴木グループ。社員の誕生日や社員の家族の誕生日には、会社から手紙やプレゼントが届きます。社員というより家族として会社がスタッフ一人ひとりを尊重し大切にしていることが、この会社の魅力です。
鈴木グループ鈴木グループ鈴木グループ
2人目は、鈴木奨さん。入社4年目の26歳です。鈴木建設で新築住宅の建設に携わっています。
【鈴木奨さんのコメント】
「今は、職人さん達と、工事の進捗状況を確認していました。現場監督として、色々と教えてもらいながらですけど、がんばっています。様々な分野にチャレンジできることにやりがいを感じます。弊社は、土木から次世代エネルギーまでやっているので、幅広い事業範囲で活躍する場があるんですよ。もともと私は、土木関係の仕事についていたのですが、他の社員だと建築の専門家とかがいるですよ。それぞれの専門分野の知識とノウハウを教えあいながら、切磋琢磨しながら、色んな意見を交わしながら、時には違う分野にもチャレンジできるのがいいところですね。」
今作っているこの家も「トリプルecoハウス」という省エネだけでなく創エネもする家なんです。会社としても新しいことに挑戦しながら成長している鈴木グループでは、チャレンジできる環境が整っています。
【専務のコメント】
「会社が成長を続けるために必要な取り組みとは、人材の育成だと考えています。“多能職人の育成”を強化するビジョンです。電気工事や土木、建築など、各部門の職人が学びあう環境を整え、職種を超えた協力体制を構築しました。ですので、様々な分野で挑戦し、成長したい若者にぜひ来てほしいですね。」