新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「食育について」

食育とは、食に関する知識を身につけ、健康的な食生活を実践することで、『食べる力』、つまり『生きる力』を育むためのものです。

最近は、若い女性を中心に、妊娠期・授乳期に必要なエネルギーや栄養素の不足している人が増えています。
お腹の赤ちゃんの健康にも影響することなので、妊娠をきっかけとして、食生活を見直してみましょう。
献立は、ごはんなどの『主食』、野菜・いも・豆類・きのこ・海藻などの『副菜』、肉・魚・大豆などの『主菜』、カルシウムの供給源となる『牛乳・乳製品』、ビタミン・カリウムなどの供給源となる『果物』の、5グループを意識しましょう。
妊娠中、特に必要な栄養素は、『鉄』『カルシウム』『葉酸』をはじめとする『ビタミン類』で、食事から しっかり摂ることが理想です。

さて、福田病院では、食育に関する取り組みを長年続けています。
毎年、田植えと稲刈りの体験学習の場として『どろんこ交流会』を開催し、当院でお生まれの小学1年生と、そのご家族を招待しています。
会場は、29年前に開園した『母と子の農園』です。
稲刈りのあとは、食育の一環として、農園でとれたお米や、地元の食材を、生産者手作りのお料理で味わってもらいました。

妊娠中の食生活を整えることは、お母さんになる準備のひとつだと思って、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!