西村 勇気
TKUアナウンサー 西村 勇気 Yuki Nishimura

サッカー取材の裏バナシ(アナログな仕事)

ロアッソ試合前

放送の世界では、映像撮影も、話を聞いてメモするのも「取材」と言います。

TKUのアナウンサーは記者兼任なので、取材が終わると原稿を書いております。

(スポーツだけでなく、さまざまです。)

原稿を書く際、参照するのが取材ノート。

ノート表紙

ことし2冊目です。私の場合、テーマごとに分けています。

『野球』だったり、『経済』や『災害』だったり。

中身は・・・

ノート拡大 (2)

こんなカンジです。人によって、取材するテーマによって書き方は様々。

新聞記事のスクラップなどもはさみます。

拡大すると・・・

ノート拡大

ピッチを見ながら書いてるので、時には読めないことも・・・(苦笑)

プレーが起こった時間と、フィニッシュ(ゴール)に至るまでどういうプレーがあったのかを

メモしておきます。これがないと、あとで原稿が書けません。

さらに、試合後のデータを手書きでまとめたりもします。

そうすると、実況のときにも不思議と言葉が出てくるんですね。

放送と機器がどれだけデジタルになっても、アナログのこの仕事、不滅です。

 

ちなみに、ほぼ毎週月曜日ロアッソの結果をお伝えしています。

放送はスーパーニュース18:15~の枠内です。

スタジアムDJで元ロアッソキーパーの小林弘記さんに解説もしていただいていますので

どうぞご覧下さい。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!