熊本 竜太
TKUアナウンサー 熊本 竜太 Ryota Kumamoto

父の日。

父の日の贈り物。

 

 

 

 

 

 

1960年代後半から熊本県警機動隊で活躍した

ランクル車両を納車。

恐らく、熊本県警車輌のミニカー化は初。

熊本県警の書体が激シブです。

ま。自分で買ったんですがね。

今も県警で頑張るランクルはこんな形↓

家庭用カメラと、

ドンドン小さくなり弁当箱に迫る伝送装置。

 

 

 

 

 

 

バカでかい中継車と最近会ってません。

技術とコンボイ組んで出動するからこそ

いろんなことを学べた日々は遠く遠く。

しかし。非常時は、

イケイケハイテクな仕組みからダウンするのも事実。

昔、某公共放送にありましたね。

『ひとりでできるもん!』

『スタッフたくさんのチームだからできるもん!』

これも忘れちゃいけませんね。

おもてなし。

警察ドラマでは『聞き込み』と言いますが

我々は『地取り』と呼びます。

ドライバーさんと2人の地取り2週目。

さすがの猛暑にモンブラン。

昨日は訪問したおば様に

「水しか冷えとらんばってん」と

キンキンに冷えた『財宝』の水貰いました。

農家の多いエリアを回ると

納屋の冷蔵庫からキンキンなJAのお茶も貰います。

「あたたちも大変なぁ。オヤツに食べなっしぇ」

先週はとある事業所でカステラ貰いました。

「運転手さんにも持っていかなんたい!」

決して物欲しげな顔で回ってませんが

熊本市内でも、

田舎の気遣いやおもてなしを感じられるのは感動。

本筋と関係ない話をするのは難しいですが、

本当に一期一会ですが、

別れ間際に「ほら」と頂くと

汗もスッと引きます。

黙読。

オモチャも洋服もウ〜ンなオヤジですが、

好きな本は好きなだけ買っていいよ。

しばし黙読。

 

 

 

 

 

静かな場所で気分転換、大事です。

真理。

 

 

 

 

 

 

抗がん剤治療「EPR効果」。新たな薬剤を

私のような無知にも分かる程度で説明して頂いた

ノーベル賞の有力候補、

熊本大名誉教授の前田浩さん急逝。

「わからないことは遠慮せずに聞きなさいよ。

素人の質問にこそ真理があるから」

「恥ずかしがらずに聞くんだよ?

医大生でも分からん話をするからね」

2月のことで、ショックです。

本当に丁寧に、優しくおごらず教えて下さいました。

その優しさと謙虚さは、

きちんと結果を残してきた研究者だからこそだと思います。

丁寧に優しく偉業を噛み砕く優しい姿に、

偉ぶらない姿と夢を語られる姿に、合掌。

 

 

 

 

 

 

大きな被害が出なかった梅雨の開幕戦終了。

①疑わしいときは行動せよ

②最悪事態を想定して行動せよ

③空振りは許されるが見逃しは許されない

災害用のプロアクティブ三原則。

徒然。

去年の7月豪雨の被害か

今回の豪雨かが分からない現場だらけの県南。

こんなに早く梅雨入りとは思いませんよね。

豪雨の中で動くユンボを沢山見ました。

復旧を急ぐ現場に被害が出ませんように。

 

 

一番機。

 

 

 

 

 

 

豪雨警戒に前線展開します。

最悪を想定して疑わしきは動く。

我々に空振りは許されるが見逃しは許されない。

どこまでも、本当にどーでもいいんですが、

最初に飛び出す一番機の僕とカメラマンは40歳。

星野源とタメです。ほんとにどーでもいい。

森林浴。

剣聖 宮本武蔵の命日。

雨上がりで緑眩しい霊厳洞です。

ウグイスの鳴き声だけが響く森林浴。

午後からの取材意欲が

気持ちいい風に削がれていきます。

セキセイインコのキイロちゃん。

「キイロちゃんカワイイ〜」

「キイロ コチョコチョコチョ」

「バーカバーカバーカ」

「リョータバーカ」

「キイロ○○○、○○○、○○○」

学習意欲旺盛な男の子です。

 

最近の投稿

記事一覧

アーカイブ

アナブロ

RSS
follow us in feedly
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!