郡司 琢哉
TKUアナウンサー 郡司 琢哉 Takuya Gunshi

初鳴きは

今年、TKUでは9年ぶりの「新人アナウンサー」が仲間入りしました。

兵庫県出身の仲野香穂さん。

兵庫県と聞くと、「神戸、元町、三宮…」の都会イメージですが、

淡路島なのでそんなことはなく、「今まで住んできた中で熊本が一番都会」なんだそうです。

で、このブログを見てもわかる通り、彼女の入社に兵庫県出身の西村アナと

島(屋久島)出身の寺田アナは特に喜び、いろいろ面倒をみてくれています。

(島と言っても淡路島は屋久島と違い橋でつながっているはずですが…)

 

そんな仲野アナは、明日がデビュー。

午前11時47分55秒からのお昼のニュースを担当します。

仲野アナの「初鳴き」をどうぞご覧ください!

写真は、本文とは全く関係ない「物思いにふける浜田アナ」の写真でも載せようかと思いましたが、

さすがに浜田アナに怒られると思い、本人の写真にしました。

フジテレビ入館証作成用に本人から拝借したデータです。

本人に許可を取っていないので、限界まで小さくして掲載…笑

密集・密接

「ステイホーム」を利用して大掃除ならぬ大洗濯。

普段来ているYシャツを部分洗いしてベランダに干したら、密集・密接してしまいました(笑)

 

環水平アーク

太陽の下、ほぼ水平に見える虹の切れ端のような7色のアート。

「環水平アーク」

4月15日TKUの駐車場から見られました。

 

この手の光学現象をお伝えすると、よく

「これってどのぐらいの頻度で見られるんですか?」

と聞かれます。

が、1年中太陽ばかりを見ている人なんかいませんよね。

答えは「わかりません」

ちなみに私が見たのは6年ぶり2度目です。

 

なかなか外に遊びに行けませんが、庭やベランダで息抜きをする際は、ぜひ雲や天体にも注目してみてください。

からすみ事件

3月27日、9年間ご一緒した解説の平野有益さんが番組を卒業されました。

月曜から金曜まで、毎日毎日夕方の時間をともにしてきた共演者の卒業は、

クラスメイトが転校してしまうようなさみしさがあります。

平野さんと言えば自称「恐妻家」。

奥様が、平野さんのコメントをチェックされていたらしく、

「昨日家に帰ったら怒られた」などとよくおっしゃっていました。

その最たるものが「からすみ事件」で、ローカル最後の映像で「からすみの天日干し」をお伝えした際、

平野さんが「食べてみたいですね」と言ったものの、

実は数日前平野家の食卓にからすみが出されていたとのこと。

奥様の罵声(平野さん談)を浴びた平野さんは、以後食べ物の話題になると

無難なことしか言わなくなりました。

 

平野さん、9年間お世話になりました。

新型コロナが落ち着いたら、奥様と旅行でも楽しまれてください。

熊本城マラソンのリザルトやスプリットタイムは検索できても、トップ争いのリポートって実は少ないなと思い、第1移動車で実況した私が記録しておこうと思います。

(文中敬称略)

レースコンディション 9時現在 

天気・・・雨 

気温・・・16.7度 

風・・・南南西3.3m/s

雨でスタート前から体が冷える悪条件の中、9時2分一斉にスタート。

序盤1キロ3分25秒前後のスローペースながら2キロまで古川大晃(九大大学院)が引っ張る。

その後4キロまで15人ほどの集団となるが、河野孝志(豊岡RC)が抜け出す。

後続7人の集団がペースを上げ、7キロで河野を吸収すると8キロの下りで鶴田眞大(オーデンAC)がペースアップ。

鶴田は5~10キロ 15分49秒とハイペースで逃げ、後続と最大で200mの差をつけるが途中西寄りの強風を受けてペースダウン。

ハーフを過ぎた22キロで6人の集団に吸収されその後脱落する。

第1集団は古川、河野に加え、西慶一郎(大阪大学大学院)、地下翔太(スカイヴィレッジ)、久本駿輔(GRlab)、大橋真弥(石巻RC)。

25キロ~28キロ 逆風をまともに受ける展開の中、地下が集団を引っ張る。

28キロの折り返しで追い風に変わると、集団の中にいた河野が一気にスパート。

1キロ3分10秒を切るハイペースに、他の選手はついていけずそのまま独走でフィニッシュ。

悪条件の中、市民ランナーとしては大会記録となる2時間18分35秒で初優勝した。

最後の直線までもつれた2位争いは、引退レースの西が競り勝ち有終の美を飾った。

40キロを過ぎて猛追した久本が3位。

3連覇を狙った古川は5位に終わった。

 

以上がトップ争いの展開でした。

出場された皆様、ボランティア&応援の皆様、お疲れさまでした。

 

かかしの応援

毎年このブログでも紹介している熊本城マラソン20キロ付近にある

かかしの応援です。

熊本農業高校OBの方たちが政治からスポーツ、お笑いまで幅広いジャンルの中から選んだ

「今年はこれ!」という新作が毎年作られていきます。

今年の新作はこれです!

おそらく、ですが右が松島幸太朗選手。

左が福岡堅樹選手。

日本が誇る快速トライゲッター!

マラソンの応援にはピッタリです。

そしてもう一人!

そのアイディアとクオリティの高さに

大爆笑してしまいました。

熊本城マラソン2020、2月16日(日)午前8時25分からTKUでご覧ください。

大阪出張

「また、大阪でうまいもの食って帰ってきたんでしょ?」

こんな写真載せると、そんな同僚の声が聞こえてきそうですが、

決してそんなものではありません。

あわせて23キロの機材をカメラマンと手分けして抱え、

合計13か所の乗り換えをして2人のランナーを取材してきました。

宿に帰ったのは夜の9時半、機材を置いて近くの鉄板焼き店に入り

10時に乾杯した時の写真です。

 

10日後に迫った熊本城マラソン2020。

「私は2時間25分を切る!」というランナーの皆様、

今からでも遅くありません、ぜひご一報を。

23キロの機材を抱え全国に伺います!

10月に発生した首里城の火災。

きっと熊本県民の多くは、その一報に3年前の熊本地震で被災した熊本城を重ね合わせたことでしょう。

たまたまですが、11月の終わりに沖縄で系列の会議があり、首里城を見てきました。

印象的だったのは、被災したお城を写真に収めようとする人たちの姿。

石垣や櫓(やぐら)が崩れた熊本城でも、3年前はそうでした。

熊本城は、今月大天守の外観復旧が終わり、雄姿が復活しました。

熊本城も明治10年の西南戦争で天守閣が焼け、

そこから昭和35年まではシンボル不在の状態が続きました。

ほとんどのお城は壊れては元通りに、という繰り返しなのでしょう。

熊本城の復旧を登山に例えるとまだ1合目。

熊本城も首里城も長い目で見て、応援しましょう。

ここで、こそっとご報告。

来年2020年、TKUアナウンサーに新しい仲間が加わる予定です。

お楽しみに~。

今年もテレビやホームページをご覧いただき、ありがとうございました。

なんか貴重ですよね。

もっこすのりをさんと尾谷さん。

それを撮るわたし。

 

TKUの日メイク室でのひとコマです。

反省会

8月某日、最高気温34.2度の八代市。

テニスの大会に出るも、19チーム中ベスト8という微妙な結果に。

温泉で汗を流したあとペアのお宅にお邪魔し、撮影したビデオを流し反省会しました。

「リターンが甘かった」だの「ここは攻めなきゃ」だの自分の反省、ペアの反省。

持ち込んだビールがなくなったころ反省会終了。

そんで結論は・・・

私の課題 → サーブ、ストローク、ネットプレー

つまり全部です(涙)

最近の投稿

記事一覧

アーカイブ

アナブロ

RSS
follow us in feedly
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!