西村 勇気
TKUアナウンサー 西村 勇気 Yuki Nishimura

2015年07月の一覧

ふだん自分の部屋すら片付けない息子と娘が

異様に張り切ります、江津湖のクリーン作戦。

県や市の職員の方々、TKUなどなど総勢400人規模の

大部隊が外来種植物の駆除に立ち向かいました。

__ 4

我が家は家族で参加。

プールで遊び感覚かな、チビども・・・と思いきや、

熊手を振り回して外来種の植物を薙ぎ払いかき集め。

父ちゃんより役に立ってました。

キレイになった江津湖で、みなさんに夏休みを

過ごしていただけることかと思います。

とはいえ、繁殖力の強い外来種。

いつ復活してくるかわかりません。

そのときはまた退治に向かいたいと思います。

真冬以外なら(笑)

「これ以上焼けると画面に出せないレベル」と

周囲に言われながらも、

いそいそと高校野球の取材に出かける毎日です。

__ 3

今週、スタンドでの取材中に声をかけていただきました。

「TKUの『熊本雷太』さんですよね?」

「???」

×雷太

〇竜太

多分、竜雷太さんとどこかで混じったんでしょうね。

というか、なんだか全然別人です(笑)

ちなみに何らかの事件現場に行けば高確率で

熊本アナに会えるはずです。

__ 2

改めまして、西村勇気とTKU報道部カメラマンは

頑張る高校球児を全力で応援します!

①全国的に人気がある屋久島産いも焼酎。

(寺田アナがこよなく愛飲)

三岳

ちなみに、このワンカップは島内限定品だそうな。

一部には口永良部で獲れたサツマイモ原料も

使用しているそうです。美味です・・・。

住民の方が早く畑の手入れをできるようになってほしい!

 

②屋久島ラーメン

ラーメン

スコールのような雨に打たれ、スタッフ全員ずぶ濡れ。

さすがに身体を温めないとヤバい!

ということで飛び込んだラーメン店。

失礼ながら味のことまでは考えてなかったのですが・・・

レベルが高い!

・豚骨スープ

・鶏のスープ

・屋久島産トビウオ(アゴ)の出汁

のトリプルスープは透明感があり、

あっさりなのにコクが深くて・・・。

あぶりチャーシュー・煮玉子もウマウマ。

スープまで全部いただきました。

 

③取材用の機材

荷物

その場でカメラとつないで簡易中継ができる

リュックのようなシステムはじめ、三脚やら

バッテリーやらライトやらガンマイクやら・・・。

さらに長靴・ヘルメットを持ってトッピー&新幹線に乗ると、

高い確率で2度見されます。

荷物抱えて次の出動はいつの日か。

平穏な日々を祈ります。

ちょっと間が空いて申し訳ありませんでした。

前回ご紹介したバス停「登り上り」ですが、

どうやら「のぼりあがり」と読むそうです。

どこへ「のぼりあがる」のかは別途取材しておきます。

 

さて、口永良部島の爆発的な噴火から1か月が経過しました。

ことしの九州南部は雨が降り続いています。

取材中も雷鳴とともに大雨が降ることがしばしば。

取材ノートを急遽テープで防水仕様に。

土砂災害など、これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。

災害ノート・改

今回の出張、取材で初めて知ったことがたくさんあります。

たとえば、口永良部島には島の外部から移り住んだ人がたくさんいること。

生粋の住民もそうでない人も、みんな同じように島を愛していること。

そしてそこで生まれた子供たちが、心から島に誇りを持っていること・・・。

蝶

短い期間でしたが様々なことを考え、経験させていただきました。

 

災害が起きた現場は我々報道関係者であふれかえります。

今回も、避難者より取材者の方が多いような有様でした。

ご迷惑をかけている部分があることも重々承知しています。

それでも、今回取材させていただいた意味はあったと考えています。

目まぐるしく移ろうこの時代、1か月~半年~1年とたつにつれ、

忘れ去られる出来事も必ず出てきます。

私自身、あんなに怖かったはずなのに

中学3年のときに経験した阪神大震災の記憶が薄らぎつつあります。

時が解決してくれること。

一歩進まなければどうにもならないこと。

赤の他人がどこまで触れていいものかという

葛藤はありますが、1本のニュースで何かが変わる可能性があるなら

これからも現場にお邪魔したいと考えています。

地図

 

最後に、取材に応じていただいた口永良部島および屋久島の皆様。

本当にありがとうございました。

一日も早く、平穏な日々が訪れることをお祈りしております。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!