西村 勇気
TKUアナウンサー 西村 勇気 Yuki Nishimura

屋久島(口永良部島)取材記③

【6月3日(水)7:30】

霧雨の中、屋久島町営牧場へ向かいます。

取材の目的はこちら。

牛①

牛たちです。

口永良部島では、60頭ほどいる牛が

貴重な収入源になっています。(主に肉牛)

その牛たちを、今回は泣く泣く島に置いて

皆さん避難されていました。

基本は放牧で飼っているのですが、エサなどは

人の手をかけてやらなければいけない部分も。

放牧状態が長く続くと、親牛はともかく

子牛は生き残れない個体も出てくるそうなんです。

牛農家の、「一刻も早く子牛だけでも屋久島に移してほしい」という

切実な願いが浮かび上がってきました。

町営牧場では、

「競りに出した牛の牛舎を空けて、受け入れ態勢を整えておくように」との

指示が出ているとのこと。早速牧場に向かいます。

牛②

確かに、牛がいないスペースがある~!

立ちリポートとインタビュー取材敢行。

ただこういった場合、ちょっと注意が・・・。

今回もそうだったんですが、当初は町・JA・農家・町営牧場と

それぞれで見解や取材結果が食い違う場合があります。

災害時に心苦しいのですが、それぞれの機関に何度もTELしたり

一番詳しい担当の方を訪問したり。

裏付けが取れたら、「〇〇によりますと~」とクレジットをつけて

原稿を書きます。

夕方ニュースまでの限られた時間、

どこまで取材して原稿に反映できるか。映像を撮れるか。

空振りしたら、仮説→実行→検証→行動のサイクルを

どれだけ短時間でできるか。

特にアウェイで取材する場合は出張先の局に迷惑を

かけるわけにはいきません。

もちろん、地元の人たちの思いをいちばん大事に・正確に・迅速に。

プレッシャーの中で取材を続けていきます。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!