火曜日といえばこのコーナー 本田さんちの晩ごはん

本田アナが料理をマナブ!その日の晩ごはんにいかがですか?
担当 : 本田千穂

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「ほんだし®」を使った「ツナと夏野菜の冷やしみそ汁(冷汁風)」! 教えてくださるのは、味の素株式会社 九州支社 柏原 祥史先生です。夏バテには栄養・塩分・水分の補給が大切ですが、みそ汁だとそれが簡単に出来ます。栄養も満点なのでお子様がいるご家庭にも喜んでいただけると思います。みそ汁のうま味が胃腸の働きをサポートし効率よく野菜やたんぱく質を摂る事ができます。みなさんも一緒に作ってみませんか?

今回使った「ほんだし® 焼きあごだし」は、最寄りのスーパーでお買い求めください。そして、味の素のホームページには「ほんだし®」や、今回使用した「ほんだし® 焼きあごだし」を使った料理もたくさん紹介してありますので、【ほんだし 夏みそ汁】で検索してご覧ください。

「ほんだし®」を使った
「ツナと夏野菜の冷やしみそ汁(冷汁風)」(4人分)

材 料
  • ツナ油漬缶 1缶(80g)
  • ミニトマト 8個
  • オクラ 8本
  • 木綿豆腐 1/2丁
  • 1カップ
  • みそ 大2
  • 「ほんだし® 焼きあごだし」 小さじ山盛り1
  • 氷水 2カップ
  • 【レシピ提供:味の素(株)】
作り方
  1. ツナの油を軽くきる
  2. ミニトマトはヘタを取り半分にする
  3. オクラを5mm幅の輪切りにし耐熱皿にのせる
  4. ふんわりラップをかけ、電子レンジ(600W)30秒加熱
  5. 木綿豆腐を手でくずしていく
  6. ボウルに湯(1カップ)・みそ(大2)を入れ溶かす
  7. 「ほんだし® 焼きあごだし」(小さじ山盛り1)をボウルに入れ溶かしていく
  8. ボウルに氷水を入れ軽く混ぜ合わせる
  9. 具材を入れた器にみそ汁を注ぐ(お好みですり白ごまをかけてもOK)
存じ上げませんわ
  1. 豆腐とツナを入れることでタンパク質をしっかりとれる
  2. 「ほんだし® 焼きあごだし」を使うことで、甘みや香ばしさがプラスされ食欲が増す


この記事のPDFを印刷する

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「豚肉と野菜のスタミナ炒め」!教えて下さるのは、焼肉の十八屋 吉嵜健太さんです。 みなさんも一緒に作ってみませんか?

豚肉と野菜のスタミナ炒め(4人分)

材 料
  • 豚肉の薄切り 320g
  • ニラ 1束
  • 玉ねぎ 1玉
  • にんじん 1/4本
  • 大3
  • 片栗粉 大1
  • 塩こしょう 少々
  • ごま油 大1
  • いりごま お好み
  • マヨネーズ お好み
材 料(合わせ調味料)
  • コチュジャン 35g
  • ニンニクチューブ 20g
  • しょう油 大2
  • ポン酢・オイスターソース・ハチミツ 各小2
作り方
  1. ニラを5センチの長さ 玉ねぎは少し厚めにスライス にんじんも5センチの長さで細切りにする
  2. 豚肉に片栗粉をまぶす
  3. (中火)フライパンにごま油をひき 豚肉を炒める
  4. 肉に火が通ったら 塩こしょう・酒(大3)をフライパンに入れる
  5. 肉に8割火が通ったら 切った野菜を入れ しっかり混ぜ合わせる
  6. フライパンに合わせ調味料を入れしっかり火を通す
  7. お皿に盛り いりごま・マヨネーズ(お好み)をかけ完成
存じ上げませんわ
  1. しっかり豚肉に片栗粉をまぶすことで肉の水分が外に出るのを防ぎ たれにとろみがつく
  2. ハチミツとポン酢・オイスターソースを入れることで味に深みがでて旨味が増す
焼肉の十八屋
住所 熊本市中央区坪井4-1-3
TEL 096-321-6429
営業時間 11:30~14:00、17:00~22:00
定休日 水曜日
駐車場 あり

この記事のPDFを印刷する

今回の先生は、はじめてのご出演です。「おかめ」納豆でおなじみ、「タカノフーズ」熊本営業所 所長の市川英憲さんです。よろしくお願いします。

タカノフーズの納豆は、粒の大きさはもちろんですが、最近は菌にこだわった納豆も製造販売しています。熊本で販売されている商品は、佐賀にある九州工場から皆様の食卓へお届けしています。

今日は納豆を使ったお料理「納豆とトマトの冷製カッペリーニ」と「肉みそ納豆麺」を教えていただきます。やはり納豆は「和」のイメージがあると思いますが、今回は、洋風にアレンジした納豆を冷たいパスタで楽しんでもらいたいと思います。

納豆とトマトの冷製カッペリーニ(2人分)

材 料
  • 納豆(粒)※「おかめ仕立て 九州うまかたれ」使用 2パック
  • トマト 2コ
  • バジル 8枚
  • オリーブ油 大4
  • 塩こしょう 少々
  • しょうゆ 大1
  • スパゲティ(1.4mm) 200g
作り方
  1. トマト(2コ)に浅く十字の切り込みを入れる
  2. 沸騰したお湯におたまに乗せたトマトを入れる
  3. 皮がめくれてきたら、冷水につけて皮をむく
  4. トマトを乱切りにする
  5. みじん切りにしたバジル(8枚)、よくかき混ぜた納豆(粒)(2パック)、添付のたれ「九州うまかたれ」、茹でて氷水で冷やしたスパゲティ(200g)を加える
  6. 塩こしょう(少々)、しょうゆ(大1)で味を調える
  7. オリーブ油(大4)を回しかける
存じ上げませんわ
  1. トマトを湯むきすると口当たりがよくなり味がしっかり染み込む!

肉みそ納豆麺(2人分)

材 料
  • 納豆(ひきわり)※「おかめ仕立て ひきわり 九州うまかたれ」を使用 1パック
  • 豚ひき肉 100g
  • タケノコ水煮 60g
  • ニンニク 1/2かけ
  • ショウガ 1かけ
  • 長ネギ 10cm
  • 豆板醤(とうばんじゃん) 小1
  • 酒・しょうゆ・サラダ油 各大1
  • 砂糖・ごま油 各小2
  • 鶏がらスープの素 3g
  • 甜麺醤(てんめんじゃん) 大3
  • 1/2カップ
  • 細切りうどん 300g
  • 付け合わせ 適量
作り方
  1. 熱したフライパンにサラダ油(大1)を入れ、豚ひき肉(100g)を炒める
  2. みじん切りにしたタケノコ水煮(60g)・ニンニク(1/2かけ)・ショウガ(1かけ)・長ネギ(10cm)と豆板醤(少1)を加える
  3. よくかき混ぜた納豆(ひきわり)(1パック)を加える
  4. 添付のたれ、酒・しょうゆ(各大1)、砂糖(小2)、水(1/2カップ)、鶏がらスープの素(3g)、甜麺醤を加え炒める
  5. 茹でて氷水で冷やし、ごま油(小2)をまぶしたうどん(300g)に、肉みそ、付け合わせの野菜を盛り付ける
存じ上げませんわ
  1. ひきわり納豆を使うことで、みじん切りにした具材とよく合わさり、麺にもしっかり絡む!



この記事のPDFを印刷する

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「昔ながらのオムライス」! みなさんも一緒に作ってみませんか?

昔ながらのオムライス(2人分)

材 料
  • 6個
  • 温かいごはん 300g
  • 鶏もも肉 1/2枚
  • 玉ねぎ 1/3個
  • マッシュルーム 4個
  • バター・サラダ油・ケチャップ・水・塩コショウ 適量
  • パセリ 少々
  • 牛乳 少量
作り方
  1. 角切りにした鳥もも肉・たまねぎ・1/4にカットしたマッシュルームを油を引いたフライパンで炒め、塩こしょうで味をととのえる。
  2. フライパンに水(適量)を入れ蒸し焼きにしていく
  3. ケチャップ(適量)を入れしっかり煮詰める
  4. 温かいご飯(300g)を入れしっかり混ぜ合わせる
  5. 炒めたチキンライスを別の容器に移す
  6. 卵を溶き、牛乳(適量)を入れ混ぜ合わせる
  7. フライパンでバターを加熱し卵を入れてよく混ぜる
  8. 卵の真ん中にチキンライスを置きフライパンのサイドに寄せ、皿にひっくり返し ケチャップ(分量外)をかけ完成
存じ上げませんわ
  1. 蒸し焼きにする事で火の通りが良くなり鳥もも肉もふんわり仕上がる
  2. ケチャップを入れ煮詰める事で、酸味が飛び うま味が増す


この記事のPDFを印刷する

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「ズッキーニの豚巻きレモン煮」! 野菜ソムリエの片山初美さんに教えて頂きました~!

ズッキーニの豚巻きレモン煮(2人分)

材 料
  • ズッキーニ 1本
  • 豚ロース薄切り 12枚
  • 適量
  • 粗びき黒こしょう 適量
  • 片栗粉 適量
材 料(レモンソース)
  • しょう油 大2
  • はちみつ 大1
  • しょうが 1片
  • レモン 1個(レモン汁1/2、スライス1/2)
  • オリーブオイル 大1
  • 大葉(飾り) 2枚
作り方
  1. ズッキーニは、半分の長さに切り、それぞれを縦4~6等分に切る
  2. 豚ロース肉を広げ、ズッキーニ1切れをらせん状にくるくると巻き付け、しっかりと巻き付ける表面に塩、こしょう、片栗粉を薄くまぶす
  3. フライパンに油をひき、中火で熱し、(2)の巻き終わりを下にして並べ入れ、焼き色がついたら返して焼く
  4. レモンソースをかけ、レモンと一緒に2~3分煮込む
存じ上げませんわ
  1. 具材に片栗粉をまぶすことでとろみがつきタレの絡みもよくなる
  2. レモンのビタミンCは短時間であれば、ほとんど破壊されないので短時間でする事がポイント


片山フルーツ園ではいろいろなフルーツを栽培されています。いまはモモが採れるそうで、週末にJA農産物直売所「youyou」道の駅「スイカのさと植木」に出荷されます。「片山フルーツ園」にお問い合わせください。また、フルーツカッティングの後、小町御膳を頂き、温泉に入ることができるカッティングイベントが月1回ほどのペースで不定期で行われています。こちらは、植木温泉「旅館 平山」までお問い合わせください。

片山フルーツ園
TEL 090-3327-0981

植木温泉「旅館 平山」
TEL 096-274-7111



この記事のPDFを印刷する

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「タチウオのムニエル フレッシュトマトソース」! トラットリアココの牧英彦さんに教えていただきました♪ みなさんも一緒に作ってみませんか?

タチウオのムニエル フレッシュトマトソース(2人分)

材 料
  • タチウオ(切り身) 2切れ
  • トマト 1コ
  • ニンニク 2かけ
  • レモン 1/8コ
  • バター 30g
  • 白ワイン・エクストラバージンオリーブ油 各30ml
  • 小麦粉・塩・黒こしょう・しょうゆ・パセリ 各適量
作り方
  1. トマトのヘタを切り落とし、半分に切り、種を取り除いて1cm角に切る
  2. ニンニクをつぶし、カットしたトマトに加える
  3. エクストラバージンオリーブ油、塩、黒こしょうを加え、混ぜる 
  4. タチウオに、塩、黒こしょうをふり、小麦粉をまぶす
  5. フライパンに火をつけ、バターを入れ、バターが溶け出したらタチウオを入れる
  6. バターの泡が小さくなってきたら、スプーンですくい タチウオにかける
  7. 焼き色がつき、タチウオに火が通ったら、皿に移す
  8. フライパンに、トマトマリネ、お好みで塩、黒こしょうを入れ、軽く煮詰めたら白ワインを加える
  9. パセリ、しょうゆを加え味を調えたら、できあがったソースをタチウオにかけ、レモンをしぼって完成
存じ上げませんわ
  1. 肉・魚・パン…なんにでもあう!万能「トマトマリネ」
  2. バターの風味をタチウオに移しながら火を通す


この記事のPDFを印刷する

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「昭和な家庭のミートソーススパゲッティ」! HARU Lab.の相藤春陽先生に教えて頂きました。みなさんも一緒に作ってみませんか?

昭和な家庭のミートソーススパゲッティ(4人分)

材 料
  • 玉ねぎ 大1
  • 合挽ミンチ 300g
  • カットトマト缶 400g
  • 小麦粉 大さじ1
  • 200ml
  • バター 50g
  • コンソメキューブ 1個
  • トマトケチャップ 大さじ3
  • ウスターソース 大さじ1
  • 少々
  • 砂糖 大さじ1/2
  • ナツメグ・コショウ・ローリエ 適量
作り方
  1. 温めた鍋にバターを入れ、焦げないように溶かす。
  2. みじん切りにした玉ねぎと塩ひとつまみを入れ炒める。(塩を入れると早く炒まります)
  3. ひき肉を入れ水分が飛ぶまで炒める(お肉の余分な水分を飛ばして食感をよくします)
  4. 玉ねぎとひき肉が炒まったら、火を止め小麦粉を入れ、弱火でよく炒める。(小麦粉をしっかり炒めることで粉臭さがなくなりとろみが滑らかになります)
  5. 水を入れ、ローリエとナツメグ、コンソメキューブを入れる。
  6. トマト缶を入れ、混ぜながら煮込む。かき混ぜながら水分を飛ばす。
  7. ケチャップ、ウスターソース、砂糖、コショウを入れる。
  8. 味をみて、お好みで塩で整える。


この記事のPDFを印刷する

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「ステーキ丼マンゴーソースかけ」! みなさんも一緒に作ってみませんか?

ステーキ丼マンゴーソースかけ(2人分)

材 料
  • ステーキ牛 200g
  • 濃口しょうゆ 250ml
  • マンゴー・パイナップル 250g
  • バナナ 125g
  • たまねぎ 100g
  • にんにく 50g
  • 生姜 30g
  • 料理酒 150ml
  • ケチャップ 200g
  • 中双糖(ざらめ) 150g
  • 中双糖(ざらめ)カラメル用 90g
  • うま味調味料 4g
  • はちみつ 20g
  • 米酢 10ml
  • ナツメグ 2g
  • ブラックペッパー・塩コショウ 少々
  • サラダ油 適量
  • ご飯 2人分
作り方
  1. マンゴー・パイナップル・バナナをざく切りにする
  2. 切ったマンゴー・パイナップル・バナナとたまねぎ、にんにく、生姜、濃口しょうゆをミキサーにかける
  3. ミキサーにかけたもの、料理酒、ケチャップ、はちみつ、中双糖(ざらめ)、うま味調味料、米酢、ナツメグ、ブラックペッパーを鍋に入れ弱火で10分煮詰める
  4. 別の鍋に中双糖(ざらめ)、少量の水を入れカラメル状なるまで火にかける
  5. カラメルが入った鍋にソースを入れ、カラメル全体が溶け 馴染むまで煮詰めたらソースの完成
  6. 肉の両面に塩コショウをふる
  7. フライパンにサラダ油を入れ 肉の片面を強火で1分半ずつ焼く
  8. 肉の両面が焼きあがったら、アルミホイルで包み 余熱で4分ほど火を通す
  9. ご飯の上に切った肉、ソース、お好みのトッピングをのせたら完成
存じ上げませんわ
  1. マンゴー・パイナップルにはタンパク質分解酵素が含まれるため 肉を柔らかくする効果が期待できる
  2. 肉は焼く前に常温に戻しておくことで、焼すぎを防ぐことができる
アオラニパーラー
住所 熊本市中央区上林町3-36並木坂ビル1F
TEL 096-288-0086
営業時間 11:00~24:00(時短で~20:00)
定休日 不定休
駐車場 なし
Googleマップ で見る
サンサンうきっ子 宇城彩館
住所 宇城市松橋町久具757-3
TEL 0964-34-0377
営業時間 9:00~18:00
定休日 1月1日・2日・3日
駐車場 あり
Googleマップ で見る

この記事のPDFを印刷する

今日の「本田さんちの晩ごはん」は、「ナスとゴーヤーの味噌炒め」! 大衆酒場パーラーヒバリの渡邊さんに教えて頂きました。今から旬のナス・ゴーヤーを使った料理ですので是非作ってみてください!

ナスとゴーヤーの味噌炒め(2人分)

材 料
  • ナス 1本
  • ゴーヤー 1/4本
  • 豚バラスライス 100g
  • 合わせみそ 50g
  • 砂糖 10g
  • 濃口しょうゆ 少々
  • ごま油 大2
  • 50cc
  • すりごま・塩 適量
作り方
  1. ゴーヤー(1/4本)を準備する
  2. ゴーヤーのワタを取り、うす切りする
  3. ボウルに入れ塩・砂糖(分量外)2つまみ入れ混ぜ合わせる
  4. ナスのヘタを切り皮をむく
  5. 半分にし(1cm厚)で半月切りする
  6. 豚バラスライスを食べやすい大きさに切る
  7. 【やや強火】フライパンにゴマ油(大2)入れ豚バラを炒める
  8. 火が通ったらナスを加え油を吸収させ炒める
  9. 水分が出てきたゴーヤーを流水で洗う
  10. 水洗いしたゴーヤーを加え軽く炒める
  11. 水(50cc)、みそ、砂糖を入れ 溶かしながら炒める
  12. 薄口しょうゆで味・香りをつけ盛り付ける
  13. すりごまをかけ完成
存じ上げませんわ
  1. ゴーヤーに砂糖と塩をもむことで苦味が水分と一緒に出てくる
  2. 水分を加えることで みそと具材がからみやすく 食材がこげにくくなる


この記事のPDFを印刷する

今回は、皆さんからのリクエストが多かった、去年6月9日に放送した「トウモロコシと梅干しのすっきりスープ」を再びお届けします。教えて下さる先生は、カフェ兼料理教室「コメル」の渡邊さんです。今から旬のトウモロコシを使った料理ですので是非作ってみてくださいね!

トウモロコシと梅干しのすっきりスープ(4人分)

材 料
  • トウモロコシ 1本
  • タマネギ 小1玉
  • 豆腐 150g
  • 梅干し 2粒
  • 大葉 4枚
  • 昆布 5cm角
  • 500cc
  • 塩麹 大1
  • 薄口しょうゆ 小1
  • オリーブオイル・ブラックペッパー・塩 各適量
作り方
  1. 鍋にタマネギ・水(100cc)・塩麹(大1)・昆布を入れる
  2. 鍋にフタをしてタマネギが半透明になるまで蒸し煮にする
  3. トウモロコシは2等分し包丁で身をそぐ
  4. 大葉はみじん切りにする
  5. 鍋に残りの水(400cc)とトウモロコシと梅干しを一緒に入れる
  6. 中火から弱火で4~5分煮込む
  7. トウモロコシの芯を取り出す
  8. 豆腐を手でちぎって加える
  9. 薄口しょうゆ(小1)、塩(適量)で味を調える
  10. 器に盛り、オリーブオイル・ブラックペッパー・残りの梅・大葉を散らす
存じ上げませんわ
  1. 塩麹と少量の水でタマネギの甘みと旨みを引き出す
  2. トウモロコシの芯も一緒に煮ることで風味と旨みを引き出す
この記事のPDFを印刷する
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!