木曜日といえばこのコーナー くまモンとかたらんね

全国から大注目! 県内各地でくまモンが大暴れ!?
担当 : くまモン ©2010 熊本県 くまモン

今日は、熊本市南区平田にあります「熊本市南消防署」からです!今回なぜここにお邪魔しているかといいますと、今度の日曜に白川河川敷で「熊本市消防出初式」が開催されるんです。出初式といえば江戸時代から続く伝統行事で、全国各地で行われるイベントです。現在、出初式の本番に向けて消防士の皆さんが練習に取り組んでいらっしゃいます。さっそく詳しいお話を熊本市消防局の徳永さんにお聞きしましょう。徳永さん、出初式にはどういった意味があるんですか?

『地域住民の前で消防の設備や技術を披露することで、安心してもらう目的があります。また地域住民の方に、火災予防に対する意識を持ってもらうことも目的の一つです。規模としては、かなり大きな規模で、消防職員と消防団約2000人が参加します。出初式の目玉でもある一斉放水では、ポンプ43台85口による勇壮な放水を見ることができます。昨年も多くの方がこの出初式を見に来てくださいました。そしてもう一つの目玉が、消防士によるはしご乗りの披露です。ハシゴの高さは約6m70cmです。実は毎年11月に一から竹を切って手作りしているんです。ハシゴの高さは乗り手が最もやりやすい高さに調節して作るので、長さは毎年異なりますが、6m70cmは全国でも高いほうなんですよ。』

今回は、2人の若手消防士の方に披露していただけるという事で、よろしくお願い致します!消防士になって4年目の、中央消防署 出水出張所勤務の北原聡さんと、消防士になって3年目の南消防署勤務の江田若花菜さんです。女性で消防士、そしてハシゴ乗りができるなんてかっこいいですね!! ありがとうございました!

熊本市消防出初式は、1月13日(日)10時からです。
熊本市中央区本山2丁目の白川河川敷にて行われます。放水とハシゴ乗り、その他にも様々なイベントがありますので、ぜひお越しください。当日は通行止めなどの規制がありますのでご注意ください。白川橋下流左岸河川敷のほうに駐車場もございます。

今日は、あさって土曜日に、地震から2年8ヶ月ぶりに全面開園する「熊本市動植物園」からです!これまで、土曜・日曜に部分開園していた動植物園がついに復活!みなさん、待ちかねたことでしょう。今日は、熊本市動植物園の竹屋さんと全面開園直前の熊本市動植物園の見どころをご紹介します!
竹屋さん、長かったですね~、2年8ヶ月。ついに全面開園!正面入り口から入っていく景色、本当に懐かしいです。このあたりは部分開園では入れなかったエリアですよね。ワオキツネザル・クロクモザル…動植物園正面入り口から入ったら、まずこの景色ですよね。

『地震後は、奥の獣舎にいましたから、久しぶりに広い所に出て、きっと喜んでいると思います。』

液状化した場所も、キレイになっています。久しぶりに見るクマ舎ですが、地震後に新しい仲間が増えたんですよね?

『女の子のマレーグマがきました。名前はマーネ。クマなんですが、手足が長く、後姿はヒトのような感じもするんですよ。』

全面開園で久しぶりにお目見えする動物たちがたくさんいますが、もちろん人気動物もたくさんいます。人気のマルルに、可愛いしぐさのカンガルー、2頭とても仲が良いカバ、シロサイも元気ですよ~。今回、全面開園の目玉と言っても過言ではないのが猛獣舎です。

『猛獣舎は地震でゆがんだり、檻に隙間ができたりしたので、新しい猛獣舎が完成するまで、猛獣たちを県外の園へ避難させていました。新しい獣舎はガラス張りで、近くで猛獣を見ることが出来ます!たまに、ガラスに触れる距離まで猛獣がきたときは大迫力ですよ!地震後、猛獣にも新しい仲間が増えたんです。メスライオンのクリアちゃんです。大分のサファリパークに避難していたオスライオンのサンが向こうでお嫁さんを見つけたんです。とても仲がいいんですが、メスのクリアの方が強いから、たまにサンが怒られています。』

百獣の王ライオンと言われても、やっぱり、かかあ殿下なんですね!さてさて、こちらの獣舎は広いですね!

『ユキヒョウのスピカちゃんです。大牟田の動物園に避難しましたが戻ってきました。』

それにしても、動植物園やっぱりいいですね~。動物園の復活で、熊本地震からの復興をより感じる方も多いかもしれないですね。部分開園で大半の動物は見れていたと言っても、やはりこの正面入り口から入った通りが見られるのとそうでないのは大違いです。全面開園する動植物園、サル舎のサルたちも久しぶりのお目見えです!そして、今回の全面開園、もうひとつの目玉はこちらでしょう!「キンシコウ」!

『キンシコウは避難はしていなかったんですが、このエリアが立入禁止エリアだったので、こうやって見ることが出来るのは2年8ヶ月ぶりです。』

熊本市動植物園のシンボル、キンシコウ、そして猛獣たち、これらを見ることが出来る様になった、まさに完全復活!動植物園全面開園は明後日22日(土)からです!
全面開園に向け、イベントもあります!22日(土)23日(日)24日(月・振)は夜間開園が夜9時まで。22日と23日の、夜8時からは植物ゾーンで花火があがります!さらに植物ゾーンではライトアップもあり、幻想的な雰囲気が楽しめます!全面開園を記念したイベントも盛りだくさん!当日お申し込みが出来ますが、先着順なのでお早目に!!お待ちしていま~す!!

熊本市動植物園
住所 熊本市東区健軍5-14-2
TEL 096-368-4416
入園料 高校生以上は300円、小中学生は100円(熊本市内の小中学生は名札、生徒手帳の提示で無料)、幼児は無料
熊本市動植物園

今日は、上天草市大矢野町維和島の「丸山水産」からです!贈答用として今の時季にピッタリな「クルマエビ」をご紹介! 生産者の丸山恭徳さんにお話しをお伺いします。

『「クルマエビ」は熊本県のシンボル、県魚として制定されているんです。というのも、熊本県は全国に先駆けて「クルマエビ」の養殖に取り組み、日本で有数の生産量を誇っているからなんです。そしてここ維和島はクルマエビ養殖の発祥の地とも言われているんです。』

丸山水産は創業100年以上!恭徳さんで四代目という歴史があるんです。現在はどのくらい養殖されているんですか?

『今は、こちらで2400坪、この対岸の方で2600坪、合わせて約30万尾を育てています。もともと天草の気候は冬は暖かく、夏は涼しい海洋性の気候で、クルマエビが育つのには水温28度位がちょうどいいとされているんですが、その気候がクルマエビの養殖に大変適していました。さらに、ミネラルたっぷりの海水によって、美味しいクルマエビが育つんです。』

このクルマエビなんですが、なぜ贈答用で人気なのかご存知ですか?いくつかあるんですが、中でも、(1)長い髭・丸まった形が長寿を連想させる。(2)火を通した後の色が紅白でめでたい(3)目が飛び出ている=めでたし。ということで、縁起物として新年を迎えるこの時季にピッタリなんですね!

丸山水産さんのクルマエビは直売所でも購入できますが、もちろんお取り寄せも可能です。生きたままは苦手だという方には、急速冷凍されたものもありますのでご安心ください!皆さんぜひお電話してくださいね~。お待ちしています!!

丸山水産 直売所
住所 上天草市大矢野町上2309-4(台湾料理福源 駐車場内)
TEL 0964-58-0007
営業時間 10:00~17:00
お値段 活車えび…300g(11尾前後)3,000円、500g(18尾前後)4,300円、700g(25尾前後)5,800円、1kg(35尾前後)8,200円 ※送料別
定休日 なし ※直売所は12/31までの営業
駐車場 約6台。台湾料理 福源さんの駐車場(ベスト電器大矢野店の道むかいにあります)
備考 お取り寄せ可能。全国発送もできます!
公式ホームページ http://e-ebi.jp
丸山水産 直売所

今日は、菊池郡大津町の「道の駅 大津」からです! 近所の杉水保育園年長さん30人が遊びに来てくれていますよ~♪ 今回のテーマは「寒い冬に、ホッコリホカホカ」。やっぱり寒い冬は、ホッコリと温まりたいですよね。という事で、ホッコリホカホカ出来る情報をお伝えしたいと思いますが、大津町と言えば…、からいも!!ですよね!ここからは大津町のゆるキャラ「からいもくん」と一緒にホッコリホカホカのカライモグルメをご紹介!

芋鯛(170円)、クロワッサン芋鯛(300円)、揚げいきなりコロッケ(170円)、馬芋ん!コロッケ(170円)…。他にも、土日限定で焼き芋の実演販売があるんです。ここで注目してほしいのが、材料のからいもです。ただのからいもではありません、なんと、貯蔵庫で2ヶ月熟成させ、うまみと甘みを最大に引き出した「熟成芋」なんです。おいしい大津産のからいもを熟成してさらに美味しくしたんです。ちなみに、熟成いもには種類があり、しっとり系、ホクホク系がありますよ。食べ比べてもいいかもですね!

さてここからは、大津町のヒーロー、グランパワーヒノクニのレッドさんと一緒にレッドにちなんだホッコリホカホカをご紹介しますよ! 物産館の中に入ってきました、なんと道の駅大津には、こんな大規模なくまモングッズコーナーがあるんです!この赤いホッペがかわいいね~、これが赤いホッコリホカホカなんですね!! さてさて、続いては、大津の野菜生産者による直売です。なるほど、これらの野菜を使ってホッコリホカホカのキムチ鍋が楽しめるんですね!そしてこちら、揚げたての辛子レンコンが販売されています。そしてこちらは珍しい、いきなり団子のバイキング。クリームチーズに、バターパンプキン!珍しいいきなり団子が多いですね。この珍しいいきなり団子を自分で選んでセットで購入できます。1個130円、5個セット600円、10個セット1300円に1個サービスとなっています。だんだん赤とは関係なくなってきましたが……。そしてこちらは赤ですね!赤牛レストランのよかよか赤牛丼1944円です。

皆さんぜひ、寒い冬は「大津 道の駅」でホッコリホカホカしに来てくださいね~。

大津 道の駅
住所 熊本県菊池郡大津町大字引水759
TEL 096-294-1600
営業時間 物産館・休憩所9:00~18:00、レストラン10:00~18:00
定休日 1月1日
駐車場 110台
大津 道の駅

今日は、熊本市西区にあります、田崎市場にお邪魔しています。今度の日曜日、12月2日に年に一度の恒例イベント「田崎市場感謝祭」が開催されます!臨時駐車場も用意してあり、たくさんの方に来て頂けるイベントになっていますよ!それでは詳しいお話を田崎市場感謝祭実行委員会の猪本さんにお伺いします。

『今年で12回目の開催となるこの「田崎市場感謝祭」は、みなさまにもっと田崎市場を知ってもらおうと始めました。まさに年に一回の田崎市場のお祭りです。その他、飲食ブースなど100以上のブースがこの卸売場一帯に集まります。』

このお祭りには去年は何と、5万人のお客さんが来場されたんです!もう年に一度の名物イベントとして認知されているといっても過言ではないですね!そして一番の目玉企画が、豪快なマグロの解体ショー!これは毎年お客さんの反響がスゴイでしょう?

『そうですね。何より新鮮な捌きたてのマグロを購入できるということもあり、毎年大盛況となっています。オススメ料理は、マグロ丼です!ご飯にマグロの切り身を並べて食べてください! 解体ショーは、午前7時から会場の中央あたりで行います!無くなり次第終了ですので、早目にお越しください!みなさんのお越しをお待ちしています!!』

熊本地方卸売市場
熊本地方卸売市場

今日は、熊本市中央区桜町のNTT西日本ビル1階にあります、熊本県物産館からです!熊本県物産館が産業文化会館からこちらに移転して十年目の節目を迎えたということで、「熊本県物産館移転10周年感謝祭」を昨日から3日間行っています。今日はイベント2日目ということでオープンは10時なんですが、たくさんの方がいらっしゃってますね~。熊本県物産協会の高橋さんにお話しをお伺いしましょう。

『熊本県物産館では、各地域のおみやげ・特産品を中心に、菓子や食品、民工芸品などおよそ1万5000点取り揃えています。ここに来るだけで、熊本県内のあらゆる特産品を購入できるんです!そして今回は、熊本県物産館がNTT西日本ビル1階に移転して10年目を迎えたということで、お客様への日頃の感謝を込めて、地域の特産品販売や豪華商品が当たる抽選会などを行います。
こちらは今回のイベントで特別に販売いたします「河内みかん」です。低農薬で生産しているので、皮ごと食べることが出来るんです。そしてこちらは日替わりで実演販売を行っています。本日22日はお茶の試飲販売、明日23日は豆腐のもろ味漬けを試食販売いたします。』

『熊本県物産館に来ていただいて1000円以上の御買い物をすると、ガラポンをお一人様一回まで引くことができます。特賞はなんと熊本市内のお食事券5000円分です!それ以外にも1500円~3000円相当の県産品詰め合わせなどが当たりますよ!そしてさらに、今日と明日それぞれお買い上げいただいた方先着50人の方に、県産品をプレゼントします!22日は「くまモンのポーチ」、23日は「熊本ラーメン」です!さらに、小学生以下のお子様がいらっしゃる場合には、お子様全員にLEDライトをプレゼントします!さらにさらに、お会計の際に「かたらんねを観た」と言っていただくと、今日と明日それぞれ先着30人の方に県産品をプレゼントしますよ!!ぜひ皆さまのお越しをお待ちしています!!』

熊本県物産館
住所 熊本市中央区桜町3-1 NTT西日本ビル1階
TEL 096-353-1168
営業時間 10:00~18:30
熊本県物産館

今日は合志市竹迫の大型商業施設「アンビー熊本」内に今月1日にオープンしました「志来菜彩」からです!「彩とりどりの四季の野菜や果物などの逸品を取り揃えた合志に来てください」という願いを込めてつけられた名前だそうですよ!今日は館長の近藤さんに案内して頂きました。

売り場面積は450坪、テニスコート6面分の広さがあります。売り場面積450坪のうち3分の1は生産者直売の野菜や果物なんですよ!野菜や果物は合志市を中心に近郊の菊陽町・菊池・大津などの生産者さんが毎朝採れたての野菜を持ってきてくださってます。その生産者の数、なんと!450軒!

野菜・果物コーナーの奥に「鮮魚コーナー」!田崎市場で仲卸をしている「上田商店」から鮮魚を出されてます。車海老にあわび、はまぐりが水槽に入っています。なんといってもこちら!イケスがあるんです!モニターには今朝仕入れた魚が一覧になってます。こちらではイケスから出した魚をすぐにさばいて下さいます。(今はオープン記念で当面は魚をさばく調理代を無料で行われています!)そしてお隣にはここでさばいた魚を握ったお寿司!鮮魚コーナーの奥には専門店じゃないとなかなか見ることができない光景をみることができます!削りたてのかつおぶしを販売してます。お客さんにご注文いただいて、かつおぶしを削って、その場で袋詰めし、ご購入いただきます。さらになんと!こちらではマグロの解体ショーも行われています。しかも毎日!!目の前でさばいたマグロが販売されます!また、天草はもちろん、長崎・大分など主に九州産の野菜も毎朝仕入れられています。

「お肉コーナー」!こちらで販売しているお肉は主に熊本県産のお肉を販売しています。和王、味彩牛、そしてえこめ牛も!他にも豚肉はりんどうポーク、鶏肉は天草鶏などがあります!

熊本市西区城山に店舗があります「いなり屋本舗」のからしレンコン!実演しながら販売して下さいますので、出来立てを購入することができます。

「醤油と味噌コーナー」!醤油と味噌は県内20社以上のメーカーから150種類ほど集めてます。人吉の有名な醤油、みどり醤油なんかも売ってますよ!

県産の食材で作ったお惣菜やお弁当、出来立ての豆腐も販売されています。漬物もずらーっと!!種類も豊富なんですよ!

来春開業する植木の熊本北スマートインターを利用した阿蘇方面にむかう観光客むけに県内のお土産品も販売されています。有名銘菓のお菓子、お酒もあります。地方発送もして下さいますので、ここで買って、県外に送ることもできますよー!

「馬肉コーナー」!こちらは九州食肉産業さんが自社の馬肉を肥育・販売まで一貫した管理で美味しい馬刺しを提供してもらってます。

合志物産館 志来菜彩
住所 合志市竹迫2264-1
TEL 096-248-0030
営業時間 9:00~19:00
定休日 1月1日
駐車場 約200台
備考 カントリーパークがある県道341号線を大津方面に進み、日本たばこ産業がある交差点を通り過ぎると右手にあります。
合志物産館 志来菜彩

今日・明日で「天草ごっつお市」が開催される、熊本市中央区花畑町の花畑広場からです!花畑広場に集結した天草の魅力をご紹介しますよ!

まずは、天草市河浦町の羊角水産です。美味しそうな魚が並んでいますよ!続いては、天草市倉岳町から恵比寿鮮魚店です。うわ~クルマエビの炭火焼きですね!こちらは、天草市牛深町にある松岡水産です。キビナゴとガラカブの天ぷらですね。お次は、岩崎水産のイカ焼きです。こちらも目の前で焼いたものを食べられるんですよ!やっぱり天草は“宝島”!!ですね。こちら、出来立てのお味噌汁です。美味しそう~~。実はこちらの鶴丸さん、現役の漁師さんなんですよ!だからこんなに威勢も気前もいいんですよ!!

この他にも、ワンコインで海藻詰め放題や、同時開催の100円ビールフェスなど、楽しいイベントが盛りだくさんですので、是非みなさんお越しください! 会場は、熊本市中央区花畑町、花畑広場です!11月8日(木)・9日(金)11時から20時まで開催です!

今日は、天草市東町の天草市民センターで今日から開催されています「天草大陶磁器展」の会場からです♪ 今年で15回目を迎えます天草大陶磁器展ですが、県内外から114の窯元が大集合しています!これだけの窯元の作品を一度に見ることができるのは良いですよね!

会場の奥には、「器を楽しむ喫茶店」という、今回出展されている陶芸家が作った器でコーヒーを楽しめるスペースがあるんです。こちらでは好きなカップで天草産のコーヒーを1杯300円で楽しめます。スイーツもついてきますよ! また、ろくろ体験コーナーもあるんです。ろくろ体験は11月3日(土祝)4日(日)の2日間、10:30~と、14:00~で先着20人ずつ1000円で体験できます。出展窯元のスタッフから優しく教えてもらえるので初心者でも安心ですし、作った作品は焼き上げて12月中旬に送ってもらえるそうですよ!

また、天草の美味しいものもたくさんありますので、是非遊びに来てくださいね~お待ちしています!!

天草大陶磁器展
住所 天草市民センター
TEL 熊本県天草市東町3
営業時間 0969-23-1111(天草陶磁器の島づくり協議会)
開催期間 11月1日(木)~6日(火)9:30~17:00 ※6日は16時まで
駐車場 約330台
天草市民センター

今日は、菊池郡大津町大津からです!大津と言えば、今の時季は「からいも」ですよね!今日は年に1回の恒例行事ということで幼稚園のみんながからいも堀りに来ていますよ~。生産者の本田さんと、からいもくんです♪ 生産者の本田さんにお話しを伺います。こちらでは何の品種のからいもを育てているんですか?

『こちらは「紅はるか」という品種です。からいもの中でも糖分が高く、しっとりしているのが特徴です。「紅はるか」の一番美味しい食べ方は、甘みがしっかりしているので、「焼き芋」がオススメです。家庭でからいもを調理するときは、オーブントースターや蒸し器を使うと思いますが、今回は最も簡単で時間がかからない電子レンジを使った作り方をご紹介します。
(1)まずは、からいもをよく洗い、濡れたまま新聞紙で包む
(2)電子レンジで約3分間(細いもので約2分間)加熱します。
これでやわらかい焼き芋が出来上がりです。ただしこれだけでは甘みがありません!甘くて美味しい焼き芋といえばやっぱり「石焼き芋」なんですが、石焼き芋は70度前後の熱でじっくり焼き上げられているんです。それによってからいものデンプンが甘い麦芽糖に変わります。からいもを70度に加熱する方法が電子レンジの「解凍モード」です!
(3)先程のからいもをそのままの状態で、レンジの解凍を10分する
これによって甘さが引き出され、石焼き芋のような甘い焼き芋が出来上がります!!なお、からいもの大きさによってはまだ固い場合があるので、その時は、電子レンジで1~2分再加熱して様子を見てください。』

トースターやオーブンだと40分~1時間くらいかかりますが、電子レンジだとわずか15分ほどで甘い焼き芋ができますね!
さて、ここからは、大津町役場の川辺さんにお話しをお伺いします。では、大津町オススメの料理をご紹介して頂きます!今回紹介してくださる料理はどんな料理ですか?

『毎年、大津町にて行われます「からいもフェスティバル」で、料理コンテストの部門で過去にグランプリを獲得した「からいものオータムサンド」を作ります!まずは材料です。
〇輪切りにしたからいも
〇みじん切りにしたニンジン・レンコン・たくあん・ちりめんじゃこ
〇天ぷら粉…25g、牛乳…15g、塩…小さじ1、砂糖…小さじ1
〇天ぷら粉…25g、水…50g、揚げ油…適量
(1)みじん切りにした材料と天ぷら粉・牛乳・塩・砂糖を混ぜていきます。この間にからいもを輪切りにして、水にさらしてアクを抜いておきます。
(2)具材をからいもではさみ、衣をつけて揚げていきます。
これで出来上がりです!』

11月11日(日)には「からいもフェスティバル」が開催されいます! また、大津のからいもを食べたい方は、「大津とれたて市場」で購入できます。お取り寄せもできますので、ご注文ください!

からいもフェスティバル2018
日時 11月11日(日)10:00~15:30
場所 本田技研工業 熊本製作所 総合グラウンド
備考 いもほり体験やその他イベント盛りだくさん!
本田技研工業 熊本製作所 総合グラウンド

大津とれたて市場
住所 菊池郡大津町大津1271-1
TEL 096-293-3294
営業時間 8:30~18:00
定休日 年末年始
駐車場 50台
備考 大津産からいも「紅はるか」5kg 1,700円
送料別途・地方発送承ります。
大津とれたて市場
プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!